セクキャバ

ビールを注ぐ

セクキャバとは、昼キャバやガールズバーとは少し毛色の違う店舗です。
この店舗では女性へのソフトタッチが許可されており、女性側も積極的に男性客に迫ってくるという特徴があります。そもそもの名前がセクシーキャバクラということから、一般的なキャバクラよりもアダルティックな雰囲気を醸し出すのが目的の店舗となっています。
女性の衣装は通常のキャバドレスであることがほとんどですが、ランジェリーパブ等の場合は下着姿で接待をすることもあります。しかしこの場合は露出度が極端に高いということから、ソフトタッチは禁止されている事が多いです。セクキャバとランジェリーパブは別々に扱われている事もあるので、詳しくは実際に足を運ぶか案内所で聞くのが確実だとされています。

セクキャバを探す時は、口コミや案内所を利用するのが一般的です。
案内所とは、歓楽街に存在している無料で利用できる紹介窓口のようなものであり、昼キャバやセクキャバ、キャバクラなどに指名予約を入れることが出来ます。その際に店舗についての説明も受けるので、どのような店か知ることもできるのです。第三者が行っている業者であることから、店舗の評価も公平であり良心的となっています。

キャバクラよりも直接的なコミュニケーションを求める場合は、セクキャバを利用すべきだとされています。会話は苦手という場合も、スキンシップをメインに楽しむ店なので純粋にその場の雰囲気を楽しめるというメリットがあり、多くの男性が利用している人気のジャンルとなっている。
基本的に夜間営業の店が多いので、昼キャバのように日中から利用するということは難しくなっています。しかしその分雰囲気を味わいやすくなっているという声もあります。

昼キャバ

ビール

昼キャバとは、日中営業を行っているキャバクラです。ガールズバーも日中から営業しているタイプが存在していますが、こちらはキャバクラであることから女性が隣に座り、接待を行います。
セクキャバはスキンシップがメインとなりますが、昼キャバの場合は会話によって雰囲気を盛り上げ、お酒を飲みながら楽しく時間を過ごすというのが一般的な楽しみ方です。昼間でもお酒を出しているので、日中にしか飲みにいけない層に人気が高く、また日中に女性とお酒を飲むという行為に一種の背徳感があり、それが刺激的であるという声もあります。
昼休みに利用するサラリーマンも存在し、漫画でもそうしたケースを題材にしたものが存在しています。

基本的なシステムはキャバクラと同様であり、女性はキャバドレスを着用し男性客の隣に座りお酒を作り会話をします。
昼キャバの客層はホストやボーイも多い事から、会話スキルが上達しやすいと言われておりそのことから昼キャバの女性は会話が上手だとされています。あくまで評判や噂であることが多い為、実際は店舗や女性によって差がありますが、平均すると会話スキルが高い傾向にあります。

また、日中と夜間に営業している店舗も多く、その場合はスタッフが入れ替えられます。
その為、一日に二度足を運んでも全く違う雰囲気を味わえるとして人気が高い店舗も存在しています。

最新の投稿

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031